トップページ>オーストラリア滞在方法−ユースホステル
オーストラリアの滞在方法−ユースホステル

ワーキングホリデーメーカーは、非常に自由度の高いビザになるので、滞在方法も多種多様になっています。このページでは、ワーキングホリデーメーカーの滞在方法の中でも、ユースホステルについて解説していきます。


ワーキングホリデーメーカーの滞在方法

大きく分類すると、ワーキングホリデーメーカーの滞在方法は以下のような方法があります。

・ホームステイ
・シェアハウス
・フリーアコモデーション
・オーペア
・ファームステイ
>>ユースホステル
・バックパッカーズホテル(バッパー)

 

ユースホステルとは
ユースホステル写真

ユースホステルやバックパッカーズホテルは、別名バジェットホテル(格安ホテル)とも呼ばれていて、世界中の旅行者(バックパッカー)や一時滞在者が利用する宿泊施設になります。ちなみに、写真はオーストラリアにある最大のユースホステルである、セントラルYHAの建物になります。


特に、バックパッカーズホテルの中でも、YHA協会によって運営されているホテルをユースホステルと呼びます。また、ユースホステルは、一般のバックパッカーズホテルよりも多少値段が高くなりますが、バックパッカーズホテルの中では、キレイで使いやすい施設が整っています。

 

>>ユースホステル詳細

>>バックパッカーズホテルとは

 

>ユースホステルのメリット

−安く滞在ができる。

通常のホテルと比べると、かなりリーズナブルな値段で宿泊施設を利用する事ができます。そのため、オーストラリア現地に到着した直後や、オーストラリアを出発する直前、シェアハウスに移動する一時的な滞在先として、ワーキングホリデーメーカーや留学生などが利用しています。


−当日の宿泊にも対応してくれる。

通常のホテルや、ホームステイ、シェアハウスは、事前の連絡を取っていないと、泊まれない場合が多いですが、こうしたバジェットホテルは当日の来客にも対応してくれます。
※部屋が一杯で、当日の来店は対応していない場所や時期もありますので、バジェットホテルを利用する場合には、一応事前に連絡を取る事をオススメします。

 

>ユースホステルのデメリット

−生活施設が充実していない。

基本的に、バックパッカーズホテルは、一時的な旅行者や滞在者をターゲットとしているために、最低限の生活施設をベースとしています。そのため、ホームステイなどと比べると、どうしても食器や洗濯機、調理器具などが十分でない場合があり、自分でいくつか食器や調理器具を購入しなければいけない場合も出てきます。


−決してキレイで豪華だとは言えない。

こうしたバックパッカーズホテルは、格安ホテルという性格上、外観や内観が多少古かったり、ホテルのような施設やルームサービスは提供していません。そのため、こうしたバックパッカーズホテルを利用する際には、こうしたことを頭に入れておく必要があります。


−基本的に食事は自炊である。

こうしたバックパッカーズホテルは、通常のホテルとは違いルームサービスや食事の提供はしていません。そのため、備え付けの台所や調理器具を使って自分で料理を作る必要があります。

また、ユースホステルの値段やバックパッカーズホテルなどの居住費の詳細は以下のページを参照にしてください。

>>オーストラリアの滞在費用はどれくらいか?

>>ユースホステル・バックパッカーの探し方