トップページ>オーストラリア滞在方法−シェアハウス
オーストラリアの滞在方法-シェアハウス

ワーキングホリデーメーカーは、非常に自由度の高いビザになるので、滞在方法も多種多様になっています。このページでは、ワーキングホリデーメーカーの滞在方法の中でも、シェアハウスについて解説していきます。


ワーキングホリデーメーカーの滞在方法

大きく分類すると、ワーキングホリデーメーカーの滞在方法は以下のような方法があります。

・ホームステイ
>>シェアハウス
・フリーアコモデーション
・オーペア
・ファームステイ
・ユースホステル
・バックパッカーホテル(バッパー)

 

シェアハウスとは

シェアハウスとは、一つの家もしくは、部屋で共同生活をする滞在方法のことです。このシェアハウスの一番の特徴はなんといってもその安い滞在費用になります。

家賃はもちろんの事、ガス代や電気代、水道代、インターネットといった各種公共サービスの基本使用料なども住人で折半するので、非常に経済的な費用で滞在することが可能です。

ワーキングホリデーメーカーや留学生は、お金を節約したいという人が多いので、このシェアハウスもホームステイと同様に非常にポピュラーな滞在方法だと言えます。

また、このシェアハウスという滞在形式は、ワーキングホリデーや留学生に限らず、現地の人にとっても非常にポピュラーな方法になっていて、「みんなで住んで安くできるなら、そうしよう。」というオーストラリアの合理的な考え方、文化を垣間見ることができます。

 

>シェアハウスのメリット

-格安でオーストラリア現地に滞在できる。

シェアハウスは、オーストラリア滞在方法の中でトップクラスの格安滞在方法になります。滞在する都市にもよりますが、基本的に都市部は高く、郊外は安くなっています。
都市部に住めば、交通費は節約できますが、家賃は郊外よりも高くなります。一方で、郊外に住めば、家賃は節約できますが、交通費は都市部よりも必要になります。都市部と郊外の家賃、交通費とのバランスを見て、シェアハウスの場所を決めましょう。


-ルームシェアで、さらに滞在費を節約できる。

シェアハウスのほかに、ルームシェアという方法があります。 シェアハウスは、一つの家屋を複数の人で共有するという方法ですが、ルームシェアは、一つの部屋を複数の人で共有するという方法になります。
一つの部屋を複数の人で共有するわけですから、さらに滞在費用を節約することができます。ただ、ルームシェアは「自分の部屋」を持てない滞在方法になるので、抵抗がある人も多く、家賃が高い都市部意外ではあまり見られません。

 

-新しい人との交流や友人ができる

ルームシェアをする人は、留学生や現地の学生などがほとんどです。そのため、ホームステイなどでは出会えなかった人とも出会えますし、友人を通して新しい友人ができることもあります。
また、ルームシェアでは、自分と同じような境遇にいる人と生活することも多く、親近感を感じたり、悩みを話し合ったりするような深い友人と出会う事もあります。

 

-英語環境も作る事ができる

ルームシェアのメンバーは、シェアメイトと言いますが、そのシェアメイトの国籍は場所によって様々です。もちろん、日本人同士のシェアハウスもあれば、アジア系留学生の場合もありますが、自分の国籍と違うシェアメイトがいるシェアハウスを探せば、英語環境にすることも可能です。また、居住地域によっては、ネイティブのシェアメイトとシェアすることも可能です。

 

>シェアハウスのデメリット

-プライベートな時間や空間が減る場合がある

シェアメイトでは、一つ屋根の下で共同生活を送ることになるので、プライベートな時間や空間というものが減る場合があります。それでも、オーストラリアで体験する共同生活は、日本では決してできない貴重な体験だと言えます。

 

-家具が不十分な場合がある

シェアハウスの場合は、家具や備品はシェアハウスのオーナーが管理をしている場合が多く、場所によっては家具が必要最低限のものだけしか揃っていない場合もあります。
特に、オーストラリアでは炊飯器は一般的ではないので、自分で使いたいと思えば、用意しなければいけない場合も多いです。

 

>>オーストラリアの滞在費用はどれくらいか?

>>シェアハウスの探し方