トップページ>オーストラリア滞在方法−ホームステイ
オーストラリアの滞在方法−ホームステイ

ワーキングホリデーメーカーは、非常に自由度の高いビザになるので、滞在方法も多種多様になっています。このページでは、ワーキングホリデーメーカーの滞在方法の中でも、ホームステイについて解説していきます。


ワーキングホリデーメーカーの滞在方法

大きく分類すると、ワーキングホリデーメーカーの滞在方法は以下のような方法があります。

>>ホームステイ
・シェアハウス
・フリーアコモデーション
・オーペア
・ファームステイ
・ユースホステル
・バックパッカーホテル(バッパー)

 

ホームステイとは

ホームステイとは、留学生などが、その国の一般家庭に寄宿して、生活体験をすることを指します。ちなみに、その家族をホストファミリーと呼びます。

このホームステイという滞在スタイルは次のようなメリットがあるために、ワーキングホリデーメーカーや留学生にとって非常にポピュラーな滞在方法だと言えます。


>ホームステイのメリット

−現地のマナーや生活習慣を身につけることができる。

初めて海外で生活する時には、その国のマナーや現地の習慣などはなかなか分からないものです。たとえ事前に、その国に関する本などで情報収集をしても、現地で学べる事は意外とたくさんあります。
ちなみに、こうしたマナーや習慣は、絶対に身につけなければいけないというものではありませんが、その国に合ったマナーや習慣を身につけることは、現地の人々とのより良いコミュニケーションにつながります。

−日常英会話をアップさせることができる。

ホストファミリーはネイティブスピーカーであったり、ネイティブスピーカーに近い人々であるので、彼らと一緒に住むことで、英語を使った日常的なコミュニケーションを練習する事ができます。

−生活準備をしなくても生活が可能である。

ホームステイ先には、生活に必要な最低限の設備が整っています。現地生活に慣れないうちには、何かモノを購入したり、料理を作ったりといった家事さえも十分にできない場合があります。また、朝ご飯や夕飯などの準備をする必要もないので、語学学校や自分のやりたい事などに集中する事ができます。

 

>ホームステイのデメリット

−通常の滞在方法に比べて費用が割高である。

ホームステイとシェアハウスなどを比べると、どうしてもホームステイの方が滞在費用が割高になってしまいます。それでも、ネイティブスピーカーに囲まれて生活できる環境や、食事を作る手間、飲食費などを考えると、割高な滞在費用を支払うだけの価値があるとも言えます。

>>オーストラリアの滞在費用はどれくらいか?

>>オーストラリアのホームステイ事情