トップページ>到着後の各種手続き−在留届の提出
在留届の提出

ここでは、在留届の意味と提出方法について解説していきます。

到着後に行う各種手続き

ワーキングホリデーメーカーがオーストラリアに到着してから行う各種手続きは以下のようなものになっています。

>>在留届の提出
・ワーキングホリデービザのビザシール取得
・銀行口座開設
・TFNの取得

 

在留届の意味


在留届とは、海外に三ヶ月以上滞在する場合に現地の大使館に提出する書類のことを指し、ワーキングホリデーや留学生のほとんどが提出しなければいけない書類になります。

さらに、在留届以下のように定められています。

<旅券法第16条により>

外国に住所又は居所を定めて3ヵ月以上滞在する日本人は、住所又は居所を管轄する日本の大使館又は総領事館(在外公館)に「在留届」を提出すること。

<在留届の意味>

「海外に在住する日本人が事故等の緊急事態に遭った時に、所在地と緊急連絡先を在留届で確認して援護活動を行うためのもの。」

 

基本的に、大使館、領事館は、海外に住んでいる日本人をサポートするために存在しています。そして、彼らのサポート対象である「海外に住んでいる日本人」を把握するために在留届が必要なんですね。

特に、大使館・総領事館は、水害や台風、テロなどの事故や災害が起こったときに、安否の確認、留守宅などへの連絡を在留届を元にして行っています。もし、海外に滞在しているのにも関わらず、在留届を届けていないと、大使館・総領事館は連絡、援助ができないので必ず提出しておきましょう。

以上のような意味と役割があるので、政府は、わざわざ旅券法という法律に定め、在留届の提出を義務化しています。

在留届の提出方法

在留届の提出方法には、2種類あります。

一つは、現地にある最寄の大使館・総領事館に訪れて、書類を提出する方法。
そして、もう一つはインターネットを使って提出する方法です。

>最寄の大使館・総領事館で提出する方法

1.まずは、大使館・領事館連絡先一覧を参考にして、最寄の大使館を探します。
2.在留届用紙に必要事項を書き込みます。
3.窓口に提出をします。

 

>インターネットを使って提出する方法

1.まずは、この「在留届電子届出ページ」にアクセスします。
2.ページ下部にある、「在留届提出」をクリックします。
3.必要事項を入力します。

 

※また、この在留届電子届出を行う時には、ページに記載してある注意事項をよく読んでから、提出処理を行うようにしてください。


在留届に必要な情報

在留届に必要な情報は以下の通りになっているので、あらかじめこうした情報を一つの紙などにまとめておくと提出処理を短時間で済ませる事ができます。

・氏名
・年齢
・本籍
・職業
・パスポートナンバー
・パスポート発効日
・パスポート有効期限日
・パスポート発行場所
・到着日
・滞在予定
・現地住所
・現地住所の緊急連絡先
・日本住所
・日本住所の緊急連絡先

>>このページのトップにもどる