ワーキングホリデーとは
オーストラリア都市情報
オーストラリア基本情報
オーストラリア生活情報
到着後の各種手続き
オーストラリア滞在情報
オーストラリア留学情報
ブログ情報一覧

 

 

 

ここでは、パスポートについての解説になります。

パスポートは、海外でその人物が日本国民であるということを証明する身分証明書になります。パスポートには種類が二種類あって、有効期限が5年間のものと10年間のものがあります。

5年間有効のものは、青っぽい色で、10年間有効のものは、赤っぽい色をしています。

また、10年間有効のものは、20歳未満は取得ができません。

 

パスポートの申請場所

パスポートの申請は、自分が住民票を登録している都道府県の旅券課という場所で行います。

営業時間:基本的に6時から16時30分
また、土・日・祝日、年末年始はやっていません。
申請から受領までに必要な期間:土日祝日を除いて一週間程度


パスポートの申請に必要なもの

パスポート申請に必要なものは次の通りです。

 

1. 一般旅券発給申請書

→これは、パスポート申請窓口に置いてあります。5年用と10年用の2種類の申請用紙があるので、間違いのないように記入をします。
また、外務省のウェブサイトからダウンロードすることも可能です。

 

2. 戸籍謄本 1通

→申請日前6カ月以内に作成されたものに限ります。

 

3.住民票の写し

→基本的に不要になりましたが、住民基本台帳ネットワークシステム(住基ネット)に参加していない地方自治体のパスポートセンターでは住民票の写しが必要になります。そうした場合には、本籍のある役所へ行って取ってきましょう。

 

4.写真 1枚

縦4.5cm×横3.5cmの縁なしで、無背景(薄い色)、申請日前6カ月以内に撮影された写真が必要です。また、無帽で正面を向いたもので、頭頂からあごまでが27±2mmであるなど申請書に記載されている細かい規格を満たす必要があります。

 

このパスポートの写真は、もちろんインスタントでも構いませんが、
プロに任せた方が間違いがありません。

10年間や5年間使う写真なので、良いのを撮っておいてもいいと思いますよ。

 

5.身元確認書類

→申請者本人に間違いないことを確認できる書類が必要になります。具体的には、運転免許や健康保険証や国民健康保険証、学生証や会社の身分証明書などを持っていきます。

 

6.未使用の郵便はがき

→宛先として、申請者の住所、氏名を住民票どおりに記入します。

 

>>ここから各都道府県別の窓口にアクセスできます。

>>さらに、詳しくは外務省のウェブサイトへどうぞ。

パスポートの申請料金

 

2006年3月20日よりICチップ内臓のパスポートにが導入されて、申請料金が少し値上がりしました。

>5年間有効なものは11000円
>10年間有効なものは15000円になっています。
(以前は、5年間有効のものが10000円、10年間有効なものは、15000円でした。)

 

また、手数料は5000円しか変わらないので、20歳以上の人は10年有効なパスポートを取得しましょう。

パスポートを紛失した場合

 

パスポートを無くした場合には次のような形で再発行をします。

※通常、発給までには、1〜2週間程度かかります。

 

1.滞在国の日本大使館か領事館に連絡

→夜間や土日祭日の場合も緊急連絡先に電話をするようにしましょう。
また、滞在国に日本大使館や領事館がない場合には、国際電話で日本の外務省邦人保護課に連絡をします。(24時間対応しています。)

 

>>在日総領事館リストのページはコチラです。

>>オーストラリア日本大使館リストはこちらになります。

どちらも、メモして置く方が良いと思います。

 

2.領事館・大使館に以下のことを伝える

 

>紛失・盗難にあったパスポートの種類
(5年・10年の一般旅券かどうか)
>パスポートの番号、取得場所、取得年月日
>氏名、生年月日
>現地滞在先
>連絡の取れる場所
>紛失・盗難に気づいた日時、場所

 

3.警察へ行く

 

→現地の警察に行き、盗難届けを出し、盗難証明書を書いてもらいます。

 

4.日本大使館か領事の指示に従う

 

→日本大使館か領事館へ行き、所定の用紙に記入をします。
再発行には、旅券番号、発給年月日、顔写真2枚、戸籍、戸籍抄本が必要になりますが、また同時に、本人であることを証明するものが必要になります。(パスポートや写真付きのID)
もしパスポートのコピーやハンコがあればこの時一緒に持参しましょう。

 

>>このページのトップにもどる