ワーキングホリデーとは
オーストラリア都市情報
オーストラリア基本情報
オーストラリア生活情報
到着後の各種手続き
オーストラリア滞在情報
オーストラリア留学情報
ブログ情報一覧

 

 

 

ここでは、お金・資金についての解説をしています。

ワーキングホリデーや留学をする時に最も重要となるのがオーストラリアでの活動資金となるお金です。資金が不十分だと、学校や旅行などに対して制限が出てきたり、さらには、余裕のない生活を送らなければいけなくなってしまう可能性も出てきます。

ここでは、オーストラリアで一年間過ごすために必要な資金の例や、お金を少しでも節約する方法を説明していきます。

 

学校費用の例

 

ここでは、オーストラリアで生活する時に必要となる費用の例を挙げていきます。オーストラリアで過ごす場合に一番大きな費用は、学校に通う費用、つまり学費になります。

 

オーストラリアで通う学校に通う場合、必要な学費の目安は次の通りです。

■オーストラリアの四年制の大学: 一年間で約80万〜130万
■オーストラリアの専門学校TAFE: 一年間で約50万〜160万
■オーストラリアの語学学校: 三ヶ月で約24〜32万
■オーストラリアの語学学校: 四ヶ月で約32万〜40万

 

オーストラリアの4年制の大学へ通う場合、年間で約$10,000〜17,000程度の学費が必要になります。これは、日本円で約80万〜130万程度の金額に相当します。

オーストラリアの公立の専門学校はTAFEと呼ばれ、年間$6,000〜20,000の学費が必要となってきます。これは、日本円に直すと50万〜160万程度の金額に相当します。

さらに、多くのワーキングホリデーメーカーが最初に通うこととなる語学学校の場合は、12週間(三ヶ月)で、$3,000〜4,000の学費が必要になってきます。これは、日本円に直すと約24万〜32万程度の金額に相当します。

 

また、オーストラリアのワーキングホリデービザ制度が、2006年の7月1日から変更され学校へ通える期間が16週間に伸びました。この場合は、$4,000〜5,000の学費が必要になってきます。日本円に直すと32万〜40万程度の金額になります。

(※ここでの日本円表示は、1AUD=80円と計算した場合です)

 

オーストラリアの居住費

 

オーストラリアでは、部屋やマンション(フラット)を共同で借りて生活する「シェア=アコモデイション」という居住スタイルがあります。

これは、一人で住むよりも、数人で一つの物件を借りれば光熱費、水道費、食費などを共有(シェア)ができ、より安くすむ事ができるという考え方から生まれたものです。「安く住めるならそうしよ」うというオーストラリアの合理的な考え方が居住形態からも感じる事ができます。

 

オーストラリアで、生活する場合は都市によってこの居住費は異なりますが、シドニーを例とした場合、居住費は次の通りになります。

■ホームステイでの滞在: $230 約18000円
■バックパッカー(一人部屋): $300 約24000円
■バックパッカー(共同部屋): $130 約10000円
■シェアハウス(共同部屋): $100 約8000円
■シェアハウス(一人部屋): $150 約12000円

※ここでの居住費は一週間での値段になります。

 

これらの居住費に交通費や食費が加わり、人によっては酒やタバコといった嗜好品の金額が加わっていきます。


その他サービスなどの値段

 

学費と居住費以外の費用は大体以下の通りです。

バス:$1.60〜
電車:$2.20〜
タバコ(一箱):$10前後
ビール(一杯):$3前後
ランチ:$6〜
ディナー:$10〜

 

その他にスーパーマーケットでは、次のような値段で食材が買えます。

■牛肉(1キロ): 10ドル〜
■牛乳(1.5L): 3ドル
■米(10キロ): 15ドル
■リンゴ(1キロ): 4ドル
■タマネギ(1キロ): 3ドル
■ニンジン(1キロ): 2ドル
■コーラ(2L): 2ドル
■食パン(一斤): 2ドル
■オレンジジュース(2L): 3ドル

 

 

一年間に必要な費用

 

現地での生活費用や学費を実際に見てみると、留学やワーキングホリデーに必要なお金の額がだいたい想像できるようになると思います。

ワーキングホリデーで必要な生活費は、一年間で大体100万〜170万程度だと言われています。また、実際の一ヶ月の生活費は、6万〜9万円程度と言われているので、渡航までに最低50万円は準備しておいた方が良いでしょう。その理由は、この50万円というのは、半年間働かずに生活する最低費用になり、一年間であれば約100万円ということになるからです。

 

ここで、注意しなければいけないのは「現地での生活費」が半年で50万円、一年間で100万円という点であり、旅費や準備費用がこれらにプラスアルファで必要になってくるということを覚えておきましょう。

 

また、目安の100万円よりも多めの予算が必要になるケースは次のようになります。

■語学学校に3ヶ月(4ヶ月)しっかりと通う予定の人(フルタイム)
■旅行をメインで考えている人
■現地で働く予定がない人
■ボランティアに長期参加したい人

 

もちろん、当人の生活スタイルや工夫で、これらの必要な費用の総額は変わってくるので、これは一つの目安をして考えてください。

 

さらに、ワーキングホリデーや留学で必要なお金の知識や準備について詳しく知りたい方はクレジットカードやトラベラーズチェックもチェックしておきましょう。

クレジットカード
トラベラーズチェック

 

>>このページのトップにもどる