ワーキングホリデーとは
オーストラリア都市情報
オーストラリア基本情報
オーストラリア生活情報
到着後の各種手続き
オーストラリア滞在情報
オーストラリア留学情報
ブログ情報一覧

 

 

 

このページでは、国際免許証についての解説をしていきます。

国際免許証とは、海外(1949年に、ジュネーブで締結された「道路交通に関する条約」を締約している国)において、特定車両の運転を認めるものです。

もっと簡単に言うと、海外でも自動車の運転ができることを証明するものになります。

この国際免許証は、現地で自動車を運転する予定ならば取っておきたい証明書の一つになるので、このページでは、国際免許の取り方から注意しなければいけないことなどを説明していきます。

 

国際免許証の作り方


国際免許証は、日本の免許証があれば誰でも取得できます。

取得方法は、運転免許試験場や指定の警察署などで申請した日に発行されます。また、場所によっては警察署で即日発行されない場合もあります。各都道府県警察の運転免許センターに問い合わせれば、最寄の場所を教えてくれます。

このウェブサイトには、各都道府県別の運転免許センターの問合せ先がまとめてあるので、参考にしてみてください。


国際免許証申請に必要なもの


国際免許証を作る際に必要な書類は以下のものになります。

・日本の有効な自動車運転免許証(提示のみ)
・写真一枚(タテ5cm×ヨコ4cm)
・パスポート
・発行手数料3000円程度(証紙代金)

また、免許センターに行けば、国際免許証を発行するための申請書が置いてあるので、上記の必要書類と一緒に提出すれば、1時間程度で発行されます。

 

ちなみに、発行に必要な手数料や、書類は変更になることもあるので事前に確認しておきましょう。 特に、国際免許証発行は、思いのほか早く15時で締め切られる免許センターもあるので受付時間も十分に確認しておきましょう。

 

>>現地の運転免許証事情

>>このページのトップにもどる