ワーキングホリデーとは
オーストラリア都市情報
オーストラリア基本情報
オーストラリア生活情報
到着後の各種手続き
オーストラリア滞在情報
オーストラリア留学情報
ブログ情報一覧

 

 

 

このページでは、海外旅行保険についての解説をしていきます。

長い海外生活では、いつ、何が起こるかわかりません。そうした事故や病気、災害などのトラブルが起こった時に役に立つのが海外旅行保険になります。このページでは海外旅行保険を申し込む時に必要な知識を中心に説明していきたいと思います。

 

海外旅行保険が必要な理由


海外旅行保険とは、主に旅行中のケガや病気、盗難、賠償に備えた保険のことです。

オーストラリアなどの海外に長期滞在する場合には、この海外旅行保険に入った方が良いと言われていますが、その理由としては以下のようなことが考えられます。

 

1.一時滞在者の医療費は当人全額負担
2.日本よりも強い賠償意識
3.オーストラリアの治安事情

 

1.一時滞在者の医療費は当人全額負担

→もし保険に入っていない状態で、オーストラリアの医者に診察してもらった場合には、医療費を全額負担しなければいけません。

2.日本よりも強い賠償意識

→賠償責任を問われるようなことはめったにありませんが、オーストラリアは日本よりも一人当たりの弁護士が多く、日本よりも強い賠償意識を持っていると言われています。

3.オーストラリアの治安事情

→比較的外国の中では、オーストラリアは治安が良いと言われていますが、日本と同じような気持ちでいたり、油断していると盗難に遭う可能性が高いです。

 

こうした背景から、ワーキングホリデーや留学時には海外旅行保険に入った方が良いと言われています。

海外旅行保険のタイプ

 

また、海外旅行保険には、大きく分けて二種類の販売形態があります。

 

1.パッケージ(セット)による販売

→これは、海外旅行者や留学・ワーキングホリデーの人達に特約を組み合わせてパッケージ化された保険になります。

2.オーダーメイド(バラ掛け)による販売

→これは、被保険者が自分が必要だと思う保険のオプションを一つずつ選んで、さらに補償金額も設定して、保険会社にオーダーするものになります。

 

保険が良くわかない人は、パッケージで一括して契約しても構いませんが、保険料金もできる限り節約したい人は、オーダーメイドで契約するという方法もあります。

もちろん、保険は個人の判断で加入してお金を払うものなので、どちらを選んでも構わないと思いますが、長期滞在初心者には「パッケージ型」をオススメします。それは、パッケージ型であれば、ワーキングホリデーメーカーや留学生に重要な補償内容はしっかりと押さえられているからです。

 

海外旅行保険の基礎用語

 

また、保険をオーダーメイドする場合に役に立つ基本用語もここで説明しておきます。

 

傷害死亡・疾病死亡とは

→傷害死亡、疾病死亡とは旅行中に発生した事故や発病した病気により死亡してしまった場合に保険金が支払われます。

傷害後遺障害とは

→傷害後遺障害とは、事故により身体に後遺障害が生じた場合に保険金が支払われます。

治療・救援費用とは

→ケガや病気で医師の治療・手術を受けた場合の治療費や移送費用などをお支払いするものです。

個人賠償責任とは

→ホテルの客室を水浸しにしてしまった場合や、誤ってお店の商品を壊してしまった場合など、法律上の損害賠償責任を負った場合に保険金が支払われます。ちなみに、現地の業者(学校や旅行代理店、雇用主など)にとってみれば、賠償能力のまったくない人間を受け入れるというのは問題になるので、中には、保険に入っているかどうかを確かる場合も出てきます。

 

※また保険を申し込む場合には、基本的に保険金支払いは各事故の内容によってケースバイケースであること保険金支払いの対象であるかどうかは保険会社の約款を基に判断されるということを覚えておいてください。

 

>>このページのトップにもどる