ワーキングホリデーとは
オーストラリア都市情報
オーストラリア基本情報
オーストラリア生活情報
到着後の各種手続き
オーストラリア滞在情報
オーストラリア留学情報
ブログ情報一覧

 

 

 

このページでは、衣服についての解説をしていきます。

オーストラリアには、四季があり、地域・都市によって気候が違います。ここでは、オーストラリアに持っていった方が良い衣服についての解説をしていきます。

>>オーストラリアの気候

ジャケット(上着・防寒具)

オーストラリアは、日本よりも日中の寒暖差が激しいので温度調節をするための上着やジャケットは非常に重宝します。

また、オーストラリアは空調機器は日本ほど普及していないので、ストーブがない家やエアコンがない家やフラットも珍しくありません。

>>衣服のページにもどる

スーツ

スーツは必ずしも持っていく必要はありませんが、オーストラリア現地で仕事を探す場合や、企業内で働く時にスーツがあると便利です。

ちなみに、日本でスーツを購入した方が簡単ですし、値段も安く、品質が高いものが手に入ります。また、現地で企業などで働く予定がない人でも、一着スーツを持っていれば、緊急のフォーマルパーティーなどに対処する事もできます。

>>衣服のページにもどる

ワイシャツ

スーツを持っていく場合には、ワイシャツも持っていきましょう。ワイシャツもスーツと同じように日本で購入した方が安いですし、高品質なものが手に入ります。

そのため、現地企業に勤めたり、頻繁にワイシャツを着る人は複数持って行った方が良いでしょう。ちなみに、オーストラリアの安いワイシャツはオーストラリア一度洗ってしまうとシワだらけになってしまうので、できれば形状記憶シャツを持っていくと便利です。

また、オーストラリアでクリーニングをしようとする場合には、日本よりもかなり高くなるので注意しておきましょう。(約$20程度かかります。)

>>衣服のページにもどる

ジャージ等(部屋着)

荷物に余裕があれば、専用の部屋着を持っていくのも一つの方法です。ジャージを一着持っていけば、スポーツ時、パジャマ、部屋着として流用できるので、非常に便利です。

>>衣服のページにもどる

衣服を詰めるための圧縮袋

オーストラリアでも何着か衣服を購入する予定の人は、圧縮袋も余分に持っていきましょう。圧縮袋があれば、帰国時や引越し時などに非常に便利です。

また、オーストラリアにも圧縮袋を購入することができますが、日本のような手で圧縮できるタイプは見かけません。ほとんどが掃除機を使って大量の衣服を圧縮する大きなものになっています。

>>「旅の雑貨店」

圧縮袋や変圧器などの旅行用品を一度に揃えるなら、このウェブサイトが便利です。

 

>>衣服のページにもどる

下着

特に、オーストラリアで下着を購入する場合は、日本よりも質が悪く、高額になります。そのため、できれば下着は日本で少し多めに購入して持っていった方が良いです。

>>衣服のページにもどる

サングラス

オーストラリアは非常に紫外線が強く、日本の5倍〜7倍と言われています。日や場所によっては、曇りの日でも目を開けられないほどまぶしい時もあるので、サングラスは必需品です。

サングラスは現地で気に入ったものを購入しても良いですが、日本で購入した方が安く済む場合が多いです。

>>「サングラスのThats」

このウェブサイトは2500件以上のサングラスを扱っているので、サングラスを持っていない人は一度チェックしてみましょう。

>>オーストラリアの紫外線

>>衣服のページにもどる


帽子

オーストラリアは紫外線が非常に強く、日焼けするのが嫌だという人や、日焼けをしやすい人は大きな帽子も一つ持っていきましょう。

>>オーストラリアの紫外線

>>衣服のページにもどる

Tシャツ

Tシャツはオーストラリアで十分に買う事ができるので、日本からの持込みは最低限で大丈夫です。

>>衣服のページにもどる

ボトム

オーストラリアでは、ジーンズとTシャツというラフな格好で街を歩く人も多く、ジーンズを数本持っていけば、ボトムで困ることはありません。ただ、一部のパブやホテルには、ジーンズ厳禁の場所もあるので、ジーンズと一緒にジーンズ以外のボトムも持っていった方が良いです。

>>衣服のページにもどる

靴下

靴下は基本的に現地で調達できるので、そこまで大量に持っていく必要はありません。ただ、5足程度持っていくと、頻繁に洗濯をする必要もないので便利です。

>>衣服のページにもどる

ネクタイ

ネクタイは基本的に現地でも調達できますが、スーツやワイシャツとあわせて一本か二本持っていくと便利です。

>>衣服のページにもどる
>>このページのトップにもどる