ワーキングホリデーとは
オーストラリア都市情報
オーストラリア基本情報
オーストラリア生活情報
到着後の各種手続き
オーストラリア滞在情報
オーストラリア留学情報
ブログ情報一覧

 

 

 

ここでは、ワーキングホリデーに必要な持ち物の解説をしていきます。

オーストラリアへ渡る時の持ち物は、大きく分けて三つの種類があります。

一つ目が、絶対に持っていくべきものです。(ページでは★を表示しています)
二つ目が、持っていった方が良いものです。(ページでは■で表示しています)
三つ目が、現地でも調達可能なものです。(ページでは・が付いています)

必須持ち物

★パスポート
★ビザ
★航空券
★お金

オーストラリアに行く時に絶対に必要な持ち物は以下の4点です。まず忘れる事はないとは思いますが、これだけは絶対に持って行きましょう。

持って行った方が良いもの

■ トラベラーズチェック
■ クレジットカード
■ 海外旅行保険
■ 国際免許証
■ 日本の運転免許証
■ 国際学生証
■ ユースホテル会員証
■ 国際青年証
■ スペアのコンタクトやメガネ
■ 銀行口座
■ スーツケース
■ バックパック

また、これがオーストラリアに持って行った方が良いもの、用意しておいた方が良いものになります。

勉強道具

■ 日本製筆記用具
■ 電子辞書
■ 文法参考書
■ 英文履歴書作成のための資料や準備
■ 実例会話を集めたポケット参考書など
■ 料理の本
■ 使い慣れた手帳やアドレス帳
・ 使い慣れたバッグ
■ ポケットラジオ

オーストラリアで語学学校などに通う予定のある人は、自分にあった勉強道具を持っていきましょう。

衣服

■ ジャケット(上着、防寒具)
■ スーツ
■ ワイシャツ
■ ジャージ等(部屋着)
■ 衣服を詰めるための圧縮袋
■ 下着
■ サングラス
■ 帽子
・ Tシャツ
・ ボトム
・ 靴下
・ ネクタイ

オーストラリアは地域によって気候が異なるので、季節や都市を考えて持っていく衣服を選びましょう。

生活用品

■ 化粧品
■ 整髪料
■ 小銭入れ
・ 洗面用具
・ つめきり、耳かき
・ ポケットティッシュ
・ 目覚まし時計
・ タオル、バスタオル

生活用品は基本的にオーストラリアでも購入する事ができますが、日本製の化粧品や整髪料などの使い慣れた物は日本から持っていきましょう。

電化製品

■ 変圧器・変換プラグ
■ ノートパソコン
■ MP3プレイヤー(音楽プレイヤー
■ デジタルカメラ

オーストラリアの電圧は240Vなので日本の電化製品を使う場合には、変圧器やプラグが必要になります。

薬関連

■ 常備薬
■ 風邪薬
■ 下痢止め
■ 虫刺されのかゆみ止め
■ 日焼け止め

オーストラリアでも薬一式を購入する事は可能ですが、日本で使い慣れた薬を持っていった方が安心です。

日本に残しておくもの

■ 自分の元気な写真
■ 緊急連絡先や滞在住所のメモ
■ 出国や帰国便の控え
■ 国際電話の掛け方のメモ

日本の家族や友人のために、こんなものも残しておくと便利です。

その他

■ ポケットに入る程度のガムやアメ
■ ホームステイ先や友人のためのお土産
・ 履歴書などに使う証明写真数枚
・ 家族や友人、日本の写真

もし、スペースに余裕があればこんなものも持っていきましょう。

以上のように、さまざまな持ち物を紹介してきましたが、基本的にはオーストラリアに持ち込む荷物は少ない方がベターです。それは、オーストラリア現地でも調達できるものもたくさんありますし、長期滞在となればまず出国時よりも帰国時の方が荷物が増えるからです。

特に、ワーキングホリデーメーカーの人は住居を移動したり、旅行をしたりする可能性も高いので、最低限の持ち物を持って身軽な状態でオーストラリア入りした方が、自由にオーストラリア国内を動き回れます。

 

>>このページのトップにもどる