トップページ>オーストラリア生活情報−オーストラリアの携帯電話
オーストラリアの携帯電話事情

日本では、ほとんどの人が携帯電話を持っていますが、オーストラリアでも同じようにほとんどの人が携帯電話を持っているような状況になっています。ワーキングホリデーメーカーや留学生の人でさえも、友達との待ち合わせや家族、友達との連絡を取り合う機会が多いので、ほとんどのワーキングホリデーメーカーや留学生も携帯電話を持っています。

ここではそんな生活必須アイテム携帯電話についてお話していきます。

オーストラリアの携帯電話事情

オーストラリアで携帯電話を利用しようとする場合には、以下のような方法があります。

>レンタル式の携帯電話を利用する
>プリペイド式の携帯電話を利用する
>プラン型の携帯電話を利用する。

 

それぞれの方法には、それぞれメリットやデメリットがあるので、以下で詳しく説明していきます。

レンタル式の携帯電話を利用する

このレンタル式の携帯電話は、携帯電話会社からハンドセット(携帯電話本体)をレンタルする形になります。

利用期間終了後には、そのハンドセット(携帯電話本体)を会社に返す形になるので、ハンドセットを購入する必要はありません。ちなみに、オーストラリアで携帯電話を購入しようと思うと、最低でも$100は必要になってくるので、こうしたハンドセットを購入するメリットは、こうした本体を買う必要のないという部分になります。

また、レンタル式の携帯電話を利用した場合、その利用料金は月々いくらという形の月払いになります。契約するプラン内容や会社によって月々の利用料金は異なりますが、大抵$30前後になっています。

 

>メリット

→ハンドセット(携帯電話本体)を買う必要がない。


>デメリット

→料金は、月々の支払いになるのでその月にあまり使わなかった場合にも最低料金が課金される。

 


プリペイド式の携帯電話を利用する


プリペイド式の携帯電話を利用した場合には、まずハンドセット(携帯電話本体)を手に入れる事が必要になります。

現地の掲示板などで、中古のハンドセットが個人売買されているケースもありますが、最低でも$100程度のお金を払って、機種を自身で買う必要があります。また、プリペイド式の携帯電話は日本のものと同じように、必要な分だけを携帯電話にチャージ(課金)して使用するという方法になります。

チャージするための領収書やカードは、日本と同じようにコンビニエンスストアで購入する事ができます。こうしたプリペイド式の携帯も、契約する電話会社やプランによって多少通話料金が異なりますが、レンタル式やプラン式と比べると接続料金や通話料金が割高になっています。

>メリット

→使った分だけを実際に支払うため、あまり電話を掛けない人には向いている。

>デメリット

→ハンドセット(携帯電話本体)を最初に購入するなどして、手に入れなければいけない。


プラン型の携帯電話を利用する。

プラン型の携帯電話というのは、一番日本の携帯電話と同じような形式になっています。

オーストラリアでは、最低契約期間を24ヶ月(2年)という約束のもとで、ハンドセット(携帯電話本体)を無料で手にいれ、月々の利用料金を支払っていくという形が最もポピュラーです。そのため、このプラン型の携帯電話はハンドセットを無料で手に入れられることもできますが、その場合は最低契約期間を過ぎてからの解約となります。

ワーキングホリデーメーカーや留学生で、オーストラリアに二年間以上滞在する人は少ないので、こうしたプラン型の携帯電話を持つ人は非常に稀です。また、携帯電話会社も一年程度しか滞在しないような人には、プラン型の携帯電話契約をしたがらないのも現状です。

>メリット

→プリペイド式やレンタル式よりも月々の使用料金や通話料金が優遇されている。

>デメリット

→2年間滞在しないようなワーキングホリデーメーカーや留学生には契約自体も難しい。


ワーキングホリデー向けの携帯電話

以上のような携帯電話事情がオーストラリアにあるために、ワーキングホリデーメーカーや留学生の9割以上は、ほとんどがレンタル式の携帯電話を利用しています。

その理由は、レンタル式の携帯電話が一番安く本体を手に入れられ、プリペイド式よりも有利な通話料金で通話ができるからです。ただ、レンタル式の携帯電話を契約するにはクレジットカードが必須になっています。クレジットカードないとプリペイド式の携帯電話しか購入ができません。そのため、クレジットカードは出発前に用意して置きましょう。

 

>>オススメクレジットカード紹介