トップページ>オーストラリア生活情報−オーストラリアの医療事情
オーストラリアの病院・医療機関事情

ここではいざという時のために知っておいて欲しいオーストラリアの病院・医療機関について解説していきます。

オーストラリアの病院・医療機関

オーストラリアの病院や医療機関にお世話にならない事が何よりも一番ですが、どんなに気をつけていても、不意に体調を崩したり、不慮の事故にあう可能性はゼロではありません。

また、オーストラリアではアウトドアスポーツ、マリンスポーツなどスポーツも盛んなので、慣れないスポーツや運動で怪我をする可能性もありえます。こうした「もしもの時」にあわてないためにも、こうしたオーストラリアの医療事情を頭に入れておくと大変便利です。

オーストラリアの医療システム

オーストラリアの医療システムは、それぞれの医療機関が独立していて 以下のような期間から成り立っています。

 

■一般開業医
■各科専門医
■薬局
■病院

 

>一般開業医とは

オーストラリアでいう一般開業医とは、( G.P. general practitioner ) と呼ばれていて、大抵の病気や怪我の場合には、まずこの一般開業医に診てもらいます。また、一般開業医には、特に専門分野がある訳ではなく、内科、皮膚科、小児科など、すべての分野の診察をします。

そのため、風邪などの軽い病気や怪我などの場合は、一般開業医の診察で終了です。その後、また何かあっても、直接専門医に行くのではなく近くの一般開業医で診てもらいます。

ちなみに、専門治療や検査が必要な場合には、一般開業医からの紹介状(レター)を書いてもらい、専門医からの診療を受けるという流れになります。そして、病院によっては英語が不慣れな人でも、日本語で通訳をしてくれる所があるので、英語に不安がある人はそのような医院を利用するか、翻訳サービスを利用しましょう。

(一般開業医は至るところにありますが、日本語で診察を受けることのできる医院は、シティ周辺部の数箇所しかありません。オーストラリアの医院はどこでも予約制となりますが、平日の午前中に電話すれば、その日の内に診察を受けられることがほとんどとなっています。)


>各科専門医

オーストラリアの専門医は、(Specialist)と呼ばれ、小さな怪我や病気を扱う一般開業医と区別されています。この専門医は、一般開業医からの紹介を受けて訪ねるというのが一般的です。

そのため、オーストラリアでは「目の調子が悪いから」といって、直接眼科医(専門医)に出向くということはないということです。また、自分自身で症状を理解していて、直接専門医にコンタクトを取りたい場合でも、最低でも1週間前程度の予約が必要になりますので注意をしておきましょう。

そして、専門医に緊急で診察をして欲しい場合は、一般開業医に優先的に予約を取ってもらったり、救急病院に送られるなどの措置が取られます。


>薬局

薬は一般開業医の処方箋を持って、薬局へ行き購入をするという流れになります。もちろん、一部の一般開業医や専門医のところでは、直接薬を処方してくれる場合もありますが、基本的には、薬は処方箋を持って薬局で買うというのがオーストラリア式になります。

ちなみに、風邪薬や咳止め、下痢止め、普通の鎮痛剤、解熱剤、のど飴などの一般の薬は処方箋無しで、薬局で買うことができますが、抗生物質や血圧の薬、症炎剤などの薬は、医師の処方箋が必要な薬となります。また、薬の代金はメディケア(オーストラリア国民と永住者への保険)が適用されません。

 

>病院

病院には、総合病院と専門病院、公立と私立に分かれています。大抵の病院には、24時間体制の救急病棟 (Casualty:カジュアリティ)と呼ばれる部署があり、緊急のときにはそこに行くことになります。

 

オーストラリアの救急車事情

オーストラリアの救急車が日本の救急車と一番違う所は、有料か無料かという部分です。オーストラリアの救急車は、走行距離によって料金が課金されるので、一つこの違いを頭に入れておく必要があります。

また、オーストラリアで救急車を呼んだ場合には、結構な金額が請求されるので注意しましょう。ただ、海外旅行保険や民間の医療保険ではこの救急車費用もカバーされていることが多いので、事前に自分の申し込む海外旅行保険がこうした費用もカバーしているかどうかチェックしておく方が賢明です。

>>海外旅行保険の詳細

そして、薬の代金と同様に、救急車費用はメディケア(オーストラリア国民と永住者への保険)ではカバーされません。

また、以下がオーストラリアの救急車の利用料金になります。

基本料金 追加料金
NSW州 154ドル(16キロまで) 16キロ超/3.93ドル
VIC州 659ドル(無制限)
介護人付料金:216ドル
-
QLD州 781ドル(救急)
291ドル(非救急、最大50キロまで)
1.25ドル
WA州 408ドル(救急)
385ドル(準救急、最大30分待ち)
261ドル(非救急)
-
SA州 506ドル(呼び出し救急)
113ドル(呼び出し非救急)
3.00ドル(最寄の病院)
TAS州 無料(住民)
607.99ドル(旅行者、15キロまで)
4.09ドル
NT準州 550ドル(救急、10キロまで)
250ドル(非救急、10キロまで)
3.50ドル
ACT 209ドル(16キロまで) 16キロ超/6.50ドル

※料金が変更されている場合もあります。


オーストラリアの緊急ダイアル

オーストラリアの緊急ダイアルは、000番になっています。これは、オーストラリアの救急車を呼ぶ場合、警察を呼ぶ場合、消防車を呼ぶ場合の共通の番号になっています。000番に電話をすると、まずオペレーターにつながるので、救急車を呼ぶ場合には、救急車が必要な事を伝えましょう。

また、場合によってはオペレーターから症状や状況、住所、連絡先も聞かれる場合があるので、必要事項を順次報告していきます。


通訳サービス

オーストラリアの大きな病院には、日本語を話す医師もいますが、そうした医師や日本語対応の病院が近くにない時には以下の
通訳サービスを利用します。

 

>TIS

TISとは、( Translating and Interpreting Service )の略で、年中無休、24時間対応の移民局通訳サービスことを言います。この通訳は電話で通訳を行う、電話通訳サービスになっています。メディケアを保持者には無料で利用する事ができますが、手配に時間が掛かる場合が多く、事前予約をした方が良いです。

N.S.W.州
シドニー:02-9221-1111
シドニー以外の地域:008-11-2477

V.I.C.州
メルボルン:03-9416-9999
メルボルン以外の地域:008-11-2477

 

>HEALTH CARE INTERPRETER SERVICE

これは、連邦・州政府の無料通訳サービスのことを指します。このサービスは、公立病院への通訳サービスになっていて、各地域の担当部局へ電話をして、事前に予約を取って利用します。また、営業時間外や週末にはこの翻訳サービスは受けられません。