トップページ>オーストラリア生活情報−住居の探し方
ここでは、オーストラリアでの住居の探し方について解説していきます。

別ページ「オーストラリアの滞在情報」では、それぞれのメリットやデメリットを解説しましたが、ここでは個別に住居の探し方を解説しています。

■ホームステイの探し方
■シェアハウスの探し方
■フリーアコモデイションの探し方
■オーペアの探し方
■ファームステイの探し方
■ユースホステルの探し方



住居の探し方−ホームステイ

オーストラリアでホームステイに滞在したい場合には、自身が現在通っている学校もしくは留学エージェントなどを通して手配を行います。ホームステイの一週間あたりの滞在費は、州や都市によって多少異なりますが、基本的にどの学校や留学エージェントを通しても同じ値段で滞在する事ができます。

また、ホームステイの手配を行う時には、基本的に手配料金が必要になってきます。 さらにホームステイに関する詳しい情報を知りたい場合は以下のページを参考にしてください。

 

>>オーストラリアの滞在方法−ホームステイ
>>オーストラリアのホームステイ事情


住居の探し方−シェアハウス

オーストラリアでシェアハウスを探す場合には、大きく分けると以下の方法があります。

■ウェブサイト
■現地新聞
■日本人向け新聞や情報誌
■掲示板を利用する
■張り紙

 

>ウェブサイト

すばやく、手軽に情報を集めるにはウェブサイトが一番です。ただ、ウェブサイトの情報量は少なく、ワーキングホリデーメーカーや留学生向けの情報や物件が少ないのも事実です。 それというのも、こうしたウェブサイトは基本的にオーストラリア人向けの物件が紹介されているので、数ヶ月や数週間程度しか滞在しない予定の人は、部屋探しの時点で候補から外される事が多くなっているからです。

また、英語が全く喋れない状況だと、部屋を決めるまでのやり取りや生活面で苦労することが多いので、部屋探しの難易度が少し高めになっています。それでも、運良くシェアハウスを見つけることができれば、現地オーストラリア人と一緒に住む事もできるので、時間や度胸がある人は試してみる価値があると言えます。

>>参考ウェブサイト1「http://www.domain.com.au/」
>>参考ウェブサイト2「http://www.realestate.com.au/」

 

>現地新聞

現地新聞は、毎週土曜日にシェアを含めた不動産関連の広告が掲載されます。オーストラリアはインターネット普及率が日本ほど高くないので、依然として広告を新聞に載せる人や部屋探しを新聞で行う人が多いです。そのため、時にはインターネットよりも新鮮な情報が新聞に載っている場合もあるので、部屋を探している人は、現地新聞をまずチェックしてみることをオススメします。

そして、上記で説明したウェブサイトと同様に、現地新聞もどちらかというと現地オーストラリア人を対象としたものになっています。そのため、現地新聞による部屋探しは不慣れな英語や短い滞在期間という部分で、苦労をする場合があるかもしれませんが、現地オーストラリア人と一緒に住める可能性は他の媒体よりも高くなっています。

 

>日本人向け新聞や情報誌

オーストラリアの各都市には、大抵日本人向けの新聞や情報誌が発行されています。こうした新聞や情報誌は、日本食レストランや留学エージェントなどのオフィスに置いてある事が多く、内容としては、レストランなどの広告から、コラム、シェアハウスの情報などが掲載されています。

大抵新聞や情報誌の後ろの部分には、各種案内広告があり、「シェアメイト募集中」といったものから、「こんなものを売ります」「買います」といった生活に密着した情報が非常に充実しています。こうした日本人向けの新聞や情報誌は、留学生やワーキングホリデーを対象としているので比較的短期の滞在から入居できる物件や、リーズナブルな物件が多く記載されています。

以上のような特徴から、オーストラリアでシェアハウスを探す場合には、総物件数が多く、値段も比較的安い物件が揃っている日本人向けの新聞や情報誌を使うのが一番簡単な方法になっています。また、中には、日本人だけのシェアハウスもあれば、多国籍なシェアハウスもあるので、選択次第では、英語環境を作ることもできます。

 

>掲示板を利用する

オーストラリアには、情報交換用の掲示板が各所にあります。そこには、「シェアメイトの募集」「売ります・買います」といった紙がいくつも貼ってあり、自分の欲しい情報をピックアップして、直接張り紙の発行者に連絡を取るというシステムになっています。

こうした掲示板は、たいてい日本食を扱っている雑貨屋やバックパッカーズホテル、留学エージェントのオフィスなどに置いてあります。また、掲示板は気軽に貼り付ける事ができるので、ウェブサイトや現地系の新聞、日本人向けの雑誌などには載っていない情報を手に入れる場合もあります。

 

>張り紙

オーストラリアの都心部やシェアハウスが集中している地域では、人の入れ替わりも頻繁なので、そうした広告や張り紙も頻繁に出ています。通常このような張り紙は、上記で説明した掲示板にまとめて貼ってある事が多いのですが、中には柱や壁などに無造作に貼ってある場合もあります。

そのため、自分が住みたい地域を歩いて、壁や柱などに貼ってある張り紙を参考にして、シェアハウスを探すという方法もあるので、どうしても住みたい地域や情報が足りない場合には足で情報を稼いでみましょう。

 

>>このページのトップにもどる


住居の探し方−フリーアコモデイション

フリーアコモデイションを探す場合には、大きく分けると以下のような方法があります。

■日本人向け情報誌や新聞を利用する。
■バックパッカーや旅行者向けの情報誌を利用する。
■バックパッカーの仕事斡旋などを利用する。
■掲示板を利用する

 

>日本人向け情報誌や新聞を利用する。

フリーアコモデイションのような仕事情報も、日本人向け情報誌や新聞の案内広告欄で見つける事ができます。ただ、フリーアコモデイションなどの滞在方法は人手が足りなくなる時期にしか出てこないので、1年中を通して情報を手に入れるのは難しくなっています。

 

>バックパッカーや旅行者向けの情報誌を利用する。

バックパッカーズホテルや、旅行センターには、世界各国からやってくる旅行者(バックパッカー)を対象にした無料情報誌があります。一番有名な旅行者向けの無料情報誌は「TNT」という本です。こうした旅行者向けの無料情報誌には、ファームステイやフリーアコモデイションといった案内広告が多く掲載されています。

>>TNTオーストラリアウェブサイト「http://www.tntmagazine.com.au/」

 

>バックパッカーの仕事斡旋などを利用する。

バックパッカーには、上記で説明した旅行者向けの無料情報誌だけでなく、仕事の情報も取り扱っている場合があります。そのため、場所によっては旅行者や一時居住者向けの仕事情報とその斡旋も手伝ってくれる場所があるのです。

 

>掲示板を利用する

同じ掲示板にも様々な種類の張り紙があり、「シェアメイト募集」から「売ります・買います」、さらには仕事情報が載っている場合があります。


>>このページのトップにもどる


住居の探し方−オーペア

オーペアを探す場合には、以下のような方法があります。

■日本人向けの無料情報誌や新聞を利用する
■掲示板を利用する
■語学学校のプログラムを利用する
■現地新聞の案内広告を利用する

 

>日本人向けの無料情報誌や新聞を利用する

日本語情報誌や日本人向けの新聞などには、オーペアの情報が載っている場合があります。ただ、こうしたオーペアの情報は、前回働いていた人が抜ける直前や抜けた後などに募集される事が多いので、オーペアを希望する人は定期的に情報をチェックする必要があります。

 

>掲示板を利用する

日本語情報誌や新聞と同様に、掲示板にもオーペアの募集に関する情報が出る場合があります。

 

>語学学校のプログラムを利用する

語学学校によっては、オーペアをプログラムとして提供している場合があるので、学校の受付などにも聞いてみると良いでしょう。

 

>現地新聞の案内広告を利用する。

現地新聞にも、オーペアやベビーシッターの求人広告が出ている場合があるので、土曜日の新聞を定期的にチェックする事も有効な手段になります。

>>このページのトップにもどる


住居の探し方−ファームステイ

ファームステイに関しては、いくつか種類がありますが、ここでは労働型(有給)のものについて解説していきます。 有給型のファームステイを見つけたい場合には、以下のような方法が考えられます。

 

>日本人向けの無料情報誌や新聞を利用する。

フルーツピッキングなどの時期になれば、日本人向けの無料情報誌や新聞などにもフルーツピッキングやファームステイの情報が載る場合があります。また、フルーツピッキングの時期は、場所や収穫する果物にもよるので定期的に情報を確認しておきましょう。

 

>旅行者用の無料雑誌を利用する

日本人向きえの無料情報誌や新聞には、ファームステイのような情報が少ないのも事実です。そのため、自分が欲しい情報が見つからなかった場合には、バックパッカーに置いてあるような旅行者向けの無料雑誌を利用してみましょう。

 

>ウェブサイトを利用する

オーストラリアの仕事探しに使えるウェブサイトはリンクは以下にまとめたので、参考にしてください。

>>参考ウェブサイト1「ジョブネットワーク」 http://www.workplace.gov.au/
>>参考ウェブサイト2「オーストラリアジョブサーチ」 https://jobsearch.gov.au/
>>参考ウェブサイト3「キャリアワン」 http://www.careerone.com.au/
>>参考ウェブサイト4「シーク」 http://www.seek.com.au/
>>参考ウェブサイト5「マイキャリア」 http://www.mycareer.com.au

 

>バックパッカーで情報収集をする

その時期やその場所に合った一番新鮮な情報を手に入れたい場合には、バックパッカーズホテルなどで情報収集するのが一番です。バックパッカーズホテルには、ファームステイやフルーツピッキングをしたい旅行者がたくさん集まっているので、自然とそうした情報も集まってきます。

 

>>このページのトップにもどる


住居の探し方−ユースホステル

ユースホステルやバックパッカーを探す場合には、以下のような方法が有効です。

■ウェブサイトを利用する
■無料情報誌を利用する

 

>ウェブサイト

ユースホステルに泊まりたい場合には、滞在地の近くにあるユースホステルを以下のウェブサイトで検索してみましょう。

>>参考ウェブサイト「YHAオーストラリア」

>無料情報誌を利用する

オーストラリア現地で見つけられる無料情報誌には、たいてい旅行者向けの滞在施設案内が載っています。そうした案内や広告を頼りにして、その地域や都市にあるバックパッカーズホテルを見つけましょう。