このページでは、ゴールドコーストに関する情報を解説しています。
ゴールドコースト概要
ゴールドコースト




ゴールドコーストは、クイーンズランド州東南部にあり、オーストラリア最大の観光保養地として世界的にも有名です。

 

 

ゴールドコーストは、晴天の日が多く、亜熱帯性の気候のため、サーフィンの適地でもあり、様々なマリンスポーツを体験する事ができます。

また、現在では人口40万となり、オーストラリアで6番目の都市となっています。気候や住みやすさなどから、高齢者の引退村としても知られ、日本人滞在者も多くなっています。


ゴールドコーストの都市データ
オーストラリア地図

人口:約40万人

州名:クィーンズランド州
(Queensland:QLDと表記)

時差:日本より+1時間。
※サマータイムは実施していません。

気候:温暖湿潤気候


>ゴールドコーストの気候

 
1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
平均最高気温(℃)
28
28
28
27
24
21
21
21
23
26
28
28
平均最低気温(℃)
19
19
18
15
13
10
9
10
12
15
18
19
平均降水量(mm)
183
191
202
138
130
92
78
55
58
88
102
133


ゴールドコーストは、年間の平均気温は24度、晴天日は300日もあります。

ゴールドコーストの学校施設

観光客、保養客だけでなく、生活を楽しむためにやってくる留学生やワーキングホリデーも多いので、語学学校の日本人比率も非常に高くなっています。

また、ゴールドコーストの語学学校は、英語を学ぶだけでなく、英語+アクティビティなどといったコースもあるので、日本人学生にとって非常に人気があります。

ゴールドコーストは、こうした一大観光地という特色のため、英語が喋れない観光客をカバーするサービスや店が多くあります。そのため、英語を使わなくてもなんとか生活ができてしまうので、語学をメインで勉強したいというには、覚悟を持ってゴールドコーストを選んだ方が良いでしょう。

ゴールドコーストの雇用状況

ゴールドコーストは、ブリスベンに比べると観光関連の仕事が多いので、ブリスベンから仕事と求めてやってくる人も大勢います。

特に、夏場(10月〜2月)は観光関連の仕事がぐんと増えます。この夏場の仕事の募集は、8月ごろからはじまります。一方で、観光関連以外の仕事を見つけようと思うと、街自体も小さく現地企業の数自体も多くないので、非常に難しくなります。


ゴールドコーストの人気スポット


>サーファーズパラダイス

その名の通り世界中からサーファーたちが集まります。全長42キロに及ぶ海岸線の中心がサーファーズ・パラダイスです。このサーファーズパラダイスは、ゴールドコーストの中心の街になっていて、ホテル、カフェ、ショップがが集まっています。また、ナイトクラブやバーなどもあり、一日中賑わっています。

>ウェット・ン・ワイルド・ウォーターワールド

この遊園地では、イルカショーや水上スキーショー、色々な乗り物が楽しめる一大シーワールドになります。家族や友達などを連れて一日中楽しむ事ができます。また、ゴールドコーストにはこのウォーターワールドの他に、ワーナーブラザーズのハリウッド村「ムービーワールド」や、オーストラリア最大の総合海洋遊園地「シーワールド」などの多くのテーマパークがあります。