このページでは、ブリスベンに関する情報を解説しています。
ブリスベン概要
ブリスベン



ブリスベンは、ケアンズのあるクイーンズランドの州都で、一年を通じて温暖な気候、トロピカルな雰囲気の都市になっています。そのためか、週末には、ビーチや植物園、ブリスベン川のほとりで過ごす人も多く、人々の生活もアウトドア志向が強い都市だと言えます。

 

また、町の中心部には、歴史的建造物と近代的な高層ビルが建ち並び、リバーサイトにはブティックやレストランなどが並んでいます。

そして、ブリスベンは有名なリゾート地でもあるゴールドコーストやサンシャイン・コーストに近く、玄関口・入り口としても知られ、その名前はニュー・サウス・ウェールズ植民地総督トーマス・ブリスベンにちなんで名づけられています。

ちなみに、ブリスベンは、シドニー、メルボルンに次ぐオーストラリア第三の都市ですが、州都の人口増加はオーストラリアで最大な比率を誇っています。


ブリスベンの都市データ
オーストラリア地図

人口:約95万人(ブリスベン市内の人口)広域都市人口では、約170万人とされています。

州名:クィーンズランド州
(Queensland:QLDと表記)

時差:日本より+1時間。
※サマータイムは実施していません。

気候:温暖湿潤気候

>ブリスベンの気候

 
1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
平均最高気温(℃)
28
28
28
27
24
21
21
21
23
26
28
28
平均最低気温(℃)
19
19
18
15
13
10
9
10
12
15
18
19
平均降水量(mm)
183
191
202
138
130
92
78
55
58
88
102
133


ブリスベンは、サンシャインシティと呼ばれるほどに、晴天の日が多い都市になります。

ブリスベンの学校施設


ブリスベンは、シドニーやメルボルンなどと比べると語学学校は少なくなりますが、それでも、20前後の語学学校があり、生活の便もよく、教育機関が充実しています。また、ブリスベンには、グリフィス大学やサザン・クイーンズランド大学をはじめ、TAFEや専門学校も充実しています。

ブリスベンの雇用状況

ブリスベンでの仕事探しは、かなり難しくなっています。シドニーやメルボルンといった都市に比べると都市の規模も小さく、日本人関係の仕事でさえなかなか見つけにくいというのが現状です。

また、観光地でもないので観光関連の仕事も少なく、求人数自体が少なくなっています。そのため、仕事を求めてゴールドコーストに移動する人も多くいます。

ブリスベンの人気スポット

>ストーリーブリッジ

ブリスベンには伝統的建造物、歴史建造物が数多くありますが、このストーリーブリッジもその一つになります。フォーティテュード・バレーとカンガルーポイントを結ぶ橋で、シドニーのハーバーブリッジのように、大恐慌のときに公共事業で建設されました。夜はライトアップされ、リバーフェスティバルが毎年行われる場所でもあります。また、オーストラリアのハーバーブリッジのようにブリッジ・クライムが観光アトラクションの主要なものになっています。

>クイーンズランド議事堂

この議事堂は、ブリスベンのジョージストリートの南西に位置していて、クイーンズランド科学技術大学及びブリスベンシティー植物園の隣にあります。フレンチ・ルネッサンス様式と呼ばれる、雰囲気のあるつくりになっています。