トップページ>オーストラリアの通貨
オーストラリアの通貨

ここではオーストラリアの通貨を解説しています。

オーストラリアの通貨


オーストラリアの通貨単位はドルとセントです。

硬貨は、5セント、10セント、20セント、50セント、1ドル、2ドルの6種類。紙幣は、5ドル、10ドル、20ドル、50ドル、100ドルの5種類になっています。

オーストラリアの貨幣 この6種類がオーストラリアの硬貨になります。
※クリックすると拡大します。


オーストラリアの貨幣トリビア

オーストラリアの貨幣は、日本の貨幣に比べると非常に大きいものとなっています。

二番目に大きい20セントでさえ、日本の500円玉よりも大きなサイズになっています。特に、一番大きな50セントは、財布に数枚入ったら一杯になりますし、非常に財布が重たくなります。

100円と厚さを比較 オーストラリア貨幣の中で一番大きく、重い50セントと日本の100円を比較したものです。50セントの方が少し厚いですね。※クリックすると拡大します。
1円と厚さを比較 こちらは、1円2枚とオーストラリアの50セントを比較したものです。わずかに1円玉2枚の方が厚いですね。※クリックすると拡大します。

 

そこで、このページでは持ち物の一つに小銭入れを推奨しています。

>オーストラリア持ち物リスト−小銭入れ

 

オーストラリアの貨幣トリビア

オーストラリアの紙幣はカラフルで、非常に丈夫にできています。

日本のお札は、数メートル離れたら、一体いくらの紙幣かはわかりませんが、オーストラリアの場合は数メートル離れてもどの紙幣なのかということがすぐに分かります。

オーストラリア紙幣 この4種類が主なオーストラリア紙幣になります。100ドルのお札は、日常生活ではめったに見かけません。※クリックすると拡大します。

紫:5ドル、青:10ドル、赤:20ドル、黄色:50ドルといった具合です。

 

また、オーストラリアの紙幣はポリマー紙幣といって、プラスチックの一種で作られています。このポリマー紙幣は世界的に見ても高度な技術で作られていて、非常にタフなお金になってます。

・ポケットに入れて洗濯してもOK。
・手でもなかなか破れない。
・海水にも耐える。

また、ポリマーの性質を活かした「透かし」も採用され、非常にコピーしにくい紙幣になっています。

 

>>このページのトップにもどる